暖かく無関心なホッとする人(P君)2370話

 午後12時40分、リーダー達が帰って来た。
リーダー 「ただいま。みんな前の方に来て自分が頼んだ物を持って行ってください。」
皆がそれぞれ頼んだコンビニ弁当を取りに来て、自分の席に帰って行った。
リーダー 「それじゃ代表して食事の感謝の祈りをします。~~~~~~~~~~~~~ 
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~アーメン。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
D君 「さっきリーダー達がいない間、僕がリーダーの代わりに話を回しておきました。
   ただし恋愛の話題は抜きにしておきました。でないとリーダー達が帰ってから、
   もう一度同じ事を話すことになりますから。」。。。。。。。。
リーダー 「気を利かせちゃって悪いね。じゃあみんな揃ったところで恋愛の話題を始め
      よう。なんて堅苦しいよね。早い話、プーさん達とゲンP達の恋話をみんな
      知りたいんだ。ここからはD君の方が聞き出すのが上手いからバトンタッチ
      かな。」。。。。。。。。
D君 「まるで芸能リポーターみたいですが、バトンタッチされたんでリポートします。
   噂によると昨日の土曜日にゲンPと檜山はスケートデートしたそうですが本当です
   か?」。。。。。。。。
聡 「参ったなあ。(顔が赤くなる。)本当だよ。」。。。。。。。。
檜山 「まあね。私たちもそう若くないからね。だって35歳と28歳だから結婚して当然
    の歳だからね。」。。。。。。。。
D君 「ということは檜山はゲンPからのプロポーズを待ってるって言うことですか?」
檜山 「当然じゃない。」。。。。。。。。
聡(ゲンP)は驚いて親友の大輔(D君)に助けを求めた。大輔の耳元で囁いた。「檜山
がああ言っているけど、俺どうしたらいいんだ?」大輔も聡の耳元で囁いた。「どこで
プロポーズしょうとか。何時しようとか。自分でシチュエーションを決めちゃだめなんだ
。自分の気持ちが盛り上がっていても、相手の気持ちが冷めている時にプロポーズしても
上手くいかないよ。そうじゃなくて恋人相手の気持ちが盛り上がってプロポーズしてほし
時にプロポーズすれば100%OKしてくれるよ。」
聡 「えーー!!そうなの?まだ二人で付き合い始めたばかりだよ。」
D君 「そんなこと関係ないよ。自分のことより檜山はもう28だよ。聡に結婚する気が
   無いなら付き合いをこれで終わりにしたいんだ。早くその事を知らないと無駄な
   時間を過ごすことになるからね。」
聡 「だって、結婚指輪も準備していないんだよ。」
D君 「それはTVドラマの見すぎだよ。そんなの無くてもいいから、今すぐプロポーズ
   するんだ。」聡はゴクリと唾を飲み干し、檜山に近づいて行った。
                                    つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2369話

 午後12時15分、
D君 「リーダー達が戻って来るまで、しばらくサブリーダーの僕が司会をします。
   皆さんの交際などはリーダー達が戻って来るまで、取っておいてください、
   でないと二回同じ事を話すことになりますから。」
隆一、聡 「賛成。」
リーナ 「その間どんな話題をすればいいの?」
D君 「そうだね。恋愛の話題抜きにすれば最近僕が考えていることは、相手の心を
   読むことの重要性かな。ただしそれは正義を目標にしてる場合に限るという
   条件が付くけどね。そうでないと悪い権力者の心も読んで、その人に気に入ら    
   れたくて、その人の思い道理に動いてしまう。それが今話題の「忖度」なんだ。」
隆一 「じゃあ正義を目標にしている相手の心を読むにはどうすればいいのかな?」
D君 「そのことを考えていて思いついたのは、マタイによる福音書25章の終わりの方
   なんだ。そこに最後の審判で羊とヤギが分けられる様子が書いてある。このヤギの
   方は自分の利益になる人にのみ親切に対応したけど、これは自分の利益になる人に
   のみ「忖度」を働かせる、悪い方の相手の心を読むことだよ。これが正義を目標と
   しない方だね。政治の世界によくある事だね。でも羊は自分の利益にならない人に
   対しても親切に対応したんだ。これが正義を目標とする相手の心を読むことだと思 
   う。そこに「私を信じるこれらの最も小さい人にしたことは私にしたことだ。」と
   イエス様は言ってる。社会から見放された人は他人に親切にしてもらっても 
   お返しができない。それは同時に天に宝を積んでいることだと思う。ここで大事な
   事はイエス様は「私を信じる~。」と条件を付けていることなんだ。クリスチャン
   でも何でもない人に親切にしても天に宝を積むことにならない。かえって悪に加担
   する事の方が多い。だから苦しんでいるクリスチャンにすることほど大切なことは
   ないんじゃないかな。」
                                     つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2368話

 午後12時、礼拝が終わり司会者が週報を読み上げた。
午後12時5分、青年会のメンバーが会堂から会議室に移動しようとした時、リーダー
みんなを引き留めて 
リーダー 「今日は第2日曜だからスタンダード青年会なんだけど、コンビニ弁当を買い   
      に行く係の人は新年一回目と言うことで、僕とイノッチと剛君の3人で行こ 
      うと思うからね。」
午後12時10分、彼らが会議室に移動するとリーダーが出したノートに、各自食べたい
弁当を記入し500円を彼に渡した。それから彼ら3人は出て行った。
                                   つづく