暖かく無関心なホッとする人(P君)1386話

 9時43分、リカは買ってきたケーキを小皿にのせた。🍰🎂二人は食べ始めた。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。D君 「リカちゃんどう味は?」
リカ 「ううん今一かな。先週食べた教会の近くのケーキ屋の方が美味しい。この店のは
    ちょと甘すぎると思う。子供にはこの方が人気があると思うけど大人には少し
    甘すぎるかな。モンブランはどう?」
D君 「これもちょっと甘すぎると思う。もともと僕は甘党じゃないからね。」


                                    つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)1385話

 9時35分、D君のインプレッサはすぐアパートに着いた。🚙D君は階段を上り一番奥の204号のドアのロックを外し部屋に入ると、後からリカちゃんがケーキの箱を持って
ゆっくり階段を上って来た。///////////////////////////////////////////////////リカちゃんは部屋に入り
テーブルの上にケーキの箱を置いた。D君はコーヒーと紅茶を作った。☕~☕~
D君 「リカちゃん、わるいけど食器棚にある、ケーキの小皿を出して、フォークは
   下の引き出しの中にあるから用意して。」
リカ 「まかせて、全然わるくないよ。」
D君 「そうだよね。なんかさあ、今でも、もうじきリカちゃんが僕の奥さんになるなん
   て夢みたいで信じられない。」
                                    つづく

暖かく無関心なホットする人(P君)1384話

 9時28分、D君のインプレッサは助手席にリカちゃんを乗せて、最寄り駅とアパートの 
間にあるケーキ屋に着いた。🏠🚙 車から二人は降り店に入った。
店員  「いらっしゃいませ。」
リカ  「イチゴショートケーキ1つ。」🍰
D君  「はや! そうだったね。イチゴショートを食べればその店の順位が決まるん
    だったね。」
リカ 「そう、正解。」
D君 「さすがプロ、僕はモンブラン。」🎂
店員 「かしこまりました。少しお待ちください。」店員は店の奥に入って行った。
////////////////////////////////////////////////////////////////////しばらくして店員が紙の箱を持って出て来た。
D君が会計を済ませ二人は店を出て車に静かに乗り込んだ。リカがケーキを持っていた。
リカ  「ディーンまで静かに車に乗ること無いのに。」
D君  「そうだよね。じゃ行こうか。」D君はエンジンを掛けアパートに向かった。
                 🚙====
                                    つづく