暖かく無関心なホッとする人(P君)1744話

 7時、リーナを起こす時間だ。彼は少しけだるかったが、リ ーナを起こす方法
に慣れて来た。まず寝ているリーナの横にあぐらをかいて座り、リーナの肩の下
の辺と頭を両手で持ち上げ上半身を起こし、そのままリーナを強く抱きしめる。
そうするとリーナは目が覚める。
D君 「起きた、リーナ。」
リカ 「ディーン好き。」
D君 「わかった。僕も好きだよ。」彼はリーナのほっぺにキスをした。
D君 「朝ごはんの準備をするから、リーナはシャワーに行っていいよ。」


                                つづく 

暖かく無関心なホッとする人(P君)1743話

 10月5日(木)朝6時、D君は起きた。室温20度、リーナはいつものように
まだ寝ている。彼は静かにベッドを出て//////////////////////洗面所で静かに顔を洗い、
着換えた。それから台所に行き///////////////////////////お湯を沸かし~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~しばらくして沸騰したので。。。。ポットのお湯を
入れ替えた。それでコーヒーを作り☕一口だけ飲んだ。一口だけにしておけば
最後にコーヒーを作らなくていいから、時間までに十分間に合う。
 6時15分、聖書を読む時間だ。今朝読むのは民数記11章。イスラエルの民は
主に対して不平不満を漏らした。そのため主は怒りを燃やし、主の火が宿営の端
からついた。民がモーセに助けを求めたので、モーセが主に祈ると火は消えた。
また彼らの内の者が毎日マナばかりなので、肉が食べたいと不平を漏らした。
民がそのことで泣いているの見て主もモーセも腹立たしくなった。モーセが主に
祈り願うと、海の向こうから鳥の「うずら」の大群が飛んできて宿営の周りに
降りた。民は1日中、「うずら」を捕まえた。彼らが、うずらの肉を食べている
時に主の怒りが民に向かって燃え広がり、非常に激しい疫病で彼らを苦しめた。


                                つづく



 

暖かく無関心なホッとする人(P君)1742話

 午後7時、
D君 「あーうまかった。昔僕が作った「すき焼き」とは違い格段に美味しかった。
   ありがとね。鍋は一人だと多すぎて食べきれないからね。」彼は食器を
流し台に持って行き洗った。彼女はお風呂にお湯を入れに行った。/////////////////////////////
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 午後7時20分、
リカ 「お風呂が沸いたから、先に入ってくる。」///////////////////////////////////
彼女がお風呂に入っている間、彼はポットのお湯でコーヒーを作って飲んでいた
。☕~、、、、、、、、彼はこの時間も好きだった。
 午後7時50分、彼女がバスルームから出てくると、彼が代わりに入って行った
。//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 午後8時20分、彼がバスルームから髪の毛をバスタオルで拭きながら出て来た。
///////////////ベッドルームに入ると薄暗かった。彼女は横になっていた。
D君 「リーナ、好きだよ。可愛いね。」彼は彼女を抱きしめキスをした。
...........................................................................................................................
                                                          つづく