暖かく無関心なホッとする人(P君)2374話

 午後1時45分、
リーダー 「恋愛の話はそのくらいにして、他の話題は何かあるかな?」
D君 「ありますけど、ちょっといいですか?最近、個人の尊厳ということを考える
   んですけど。それが無くなって来るとストレスに弱くなると思うんです。で、
   その人オリジナルの、まあ個性と言うか、その人をその人らしくしている部分
   はとても大切な部分で、他人が踏み込んじゃいけないところだと思います。」
リーダー 「確かにその通りだね。もっと詳しく話してくれないか?」
D君 「はい。具体的に言うと個人情報は個人の尊厳の核になる部分だと思います。
   何歳だとか?どこに住んでいるとか?家族構成とか?職業とか?年収とか?を気軽
   に他人から聞く人がいるけど、本人にしてみれば触れてほしくない、思い出したく
   ない過去かも知れない。それは傷が治りかけていカサブタがせっかく出来て来たの
   にそれを他人が引きはがすような酷いことと同じだと思う。本人から個人情報を話
   す分にはいいけど、その場合はカサブタが自然に取れて、その下の皮膚も完全に
   治っていると思う。親しくなれば自然に本人の方から相手の人にそれを話したくな
   ると思う。だから他人との心理的な距離感と相手の個人情報と比例していると思
   う。それをまだあまり相手と親しくもないのに個人情報を聞かれたら不愉快な気持
   ちになると思う。それはちょうど心を許していない人つまりカサブタが付いた状態
   を他人に取られるような酷い事と同じだと思うよ。なんでこんな話をするかと言う
   と、最近婚活疲れという言葉をよく耳にするからなんだ。そんなに親しくもない人
   に個人情報を開示して、心がズタボロにされるから婚活疲れするのは当然だよ。
   そんな嫌な思いをする前に、聡たちは自由恋愛、自然恋愛でゴールイン出来たんだ
   から良かったと思うよ。」
                                     つづく


暖かく無関心なホッとする人(P君)2373話

 午後1時35分、
D君 「これで聡と檜山は安心だね。隆一とナーちゃんの方はどう?」
隆一「驚いたなあ。まさか聡の方が先にプロポするなんて。そのうち良い知らせが出来る   
   と思うよ。あんまりプレッシャーを与えないでくれ。聡がプロポーズしたからって
   ついでに今しようなんて軽い男じゃないよ。」
D君 「悪い悪い、そうだよね。そんな話をあんまり広げないほうがいいよね。リーダー
   にバトンを返します。」
リーダー「ごめんごめん、ゲンPたちが上手く行ったからいいようなもの、そうじゃなけ
     れば、そっとしておいてほしいよね。」
聡 「いえ、僕の場合は良かったと思います。いつまで付き合えばいいか?とか、どこで
   プロポーズすればいいか?とか正解のないことで悩んでいたと思います。誰かが
   背中を押してくれないといつまで経ってもプロポーズできなかったと思います。」
D君「聡の場合は恋愛を頭で考えすぎるんだよ。恋愛にこうすれば上手く行くなんて正解
  は無いんだよ。よくこうすれば恋愛は上手くいくなんてマニュアル本があるけど、 
  そんな本を信じちゃだめだと思うよ。よく考えることは、ここにAさんという美人が
  いたとする。そのAさんのことを好きになってしまったB君とC君がいたんだけど、
  二人とも同じ恋愛マニュアル本「こうすれば彼女をゲットできる。」を買って読んだ
  。二人ともその本を信じ切って100%その本のとおりにした。さてAさんはどちらの
  告白を受けたでしょうか?」
聡 「あっ、そうか。なるほど。」
D君「わかっただろ。そんな本は信じるに値しないよ。そうじゃなくて恋愛経験をつめば
  自然に今プロポーズすればいい。とわかるようになる。それはちょうど野球の打席
  でピッチャーの投げるボールを打つのに似ている。何時バットを振ればいいかなんて
  説明してわかるものじゃないよ。それにはたくさん打席に立って空振りして自然に
  わかるんじゃないかな。「考えるな感じろ。」だよ。」
                                     つづく






暖かく無関心なホッとする人(P君)2372話

 午後1時25分、会議室の中は一瞬静まり返った。すると誰かが拍手する音が聞こえた
リーナだった。、、、、、、、、すると部屋の中の皆が拍手し始めた。
リーナ 「おめでとう檜山。」
檜山 「ありがとう。まさかここでプロポーズされるなんて。」
D君 「聡、やったね。おめでとう。サヨナラ満塁ホームランだよこれは。」
聡 「コーチ大輔の思い切って今振れと言うアドバイスが良かったからだよ。」
D君 「結果良ければ全てよし、っていうからね。」
                                   つづく