暖かく無関心なホッとする人(P君)2051話

 午後4時、
D君 「ちょっと早いけど、そこの食堂に食べに行こう。」二人はアパートを出て
    D君はドアをロックした。--------階段を降りーーーーーーーー
    駐車場のインプレッサに乗り込み、エンジンを掛け、近くの食堂に行った。
                    🚙====
 午後4時5分、車は食堂に着いた。車から降り店に入ると
店員 「いらっしゃいませ」二人は店の一番奥の席に座った。
D君 「リーナは何にする。」
リーナ 「やっぱりハンバーグ定食かな。ディーンは?」
D君 「今年は、いろいろ頑張ったからカツ丼かな。」
                                  つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2050話

 午後1時、二人は30分昼寝をして午後の掃除を始めた。------------------------------------------------------------------------------------------------------これで終わりだと思うと力が出て来る。ラストスパートだ。-------------------------------------------------------------------------------------
 午後2時40分、
D君 「だいたい終わったね、ご苦労さん。思ったより早く終わったね。」
リーナ 「そうだね。疲れたでしょ。」リーナはまた、お茶を用意した。☕~☕~
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
D君 「お昼が「鍋焼きうどん」だけだったから、お腹が空いたね。少し早く夕飯を食べ 
    に行こう。」
リーナ 「うん。」
                                     つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2049話

 10時30分、二人は掃除の続きを始めた。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 午後12時、
D君 「お昼だ。「鍋焼きうどん」にして正解だよ。こうも疲れていれば料理なんて
   する気にならないよ。」
リーナ 「わたしも。」
     Dくんは冷蔵庫から「鍋焼きうどん」2個を出し、具とスープをうどんの上
から注ぎ、ガスの強火の火で温めた。スープがグツグツしてきたので火を止めた。
D君 「じゃあ冷めないうちに、お祈りして食べよう。~~~~~~~~~~~~~~~
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~アーメン。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
D君 「どのくらい終わったの?」
リーナ 「向こうの寝室と居間は終わった。」
D君 「僕の方はトイレと窓ガラスは終わったから、残っているのはこの部屋だけ。」
リーナ 「じゃあ、3時前には終わるね。そうだリーナの掃除は終わったんだよね。
     じゃあ台所の掃除をお願いできるかな?」
D君 「OK。」
                                    つづく