暖かく無関心なホッとする人(P君)2364話

 8時45分、
リーナ 「それでどこでデートしたか書いてあった?」。。。。。。。。
D君 「うん、一緒にスケートしたんだって。」。。。。。。。。
リーナ 「やるー。ゲンPってなかなかの人だね。」。。。。。。。。
D君 「そうなんだよ。聡はスキー、スノボーは出来るけどスケートはやったこと無いと  
    思うよ。檜山は出来るの?」。。。。。。。。
リーナ 「彼女はスポーツ万能だから出来ると思う。」。。。。。。。。
D君 「それじゃ、手つなぎデートなんてもんじゃ無い。檜山にベッタリだよ。しかも
   全然自然にタッチだよ。これは隆一達より先に結婚するかもね。」
                                   つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2363話

 8時35分、二人は食卓に着いた。
D君 「それじゃあ、食事の感謝の祈りをしよう。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~アーメン。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
D君 「今朝スマホのメールをチェックしたら聡から昨晩の11時頃メールが着ていた。」
リーナ 「えっ、どんな内容?」。。。。。。。。
D君 「それが聞いたら驚くよ。」。。。。。。。。
リーナ 「早く話して。」。。。。。。。。
D君 「それがなんと昨日檜山とデートしたんだって。」。。。。。。。。
リーナ 「えっ、うっそう!あの檜山が。車内の男性が聞いたらショックで寝込むよ。」
D君 「そんなに檜山って人気があるの?」。。。。。。。。
リーナ 「自分で言うのもなんだけど、檜山、ナーちゃん、私は社内の美人OLスリー
     だったからね。」。。。。。。。。
D君 「そのうちのリーナは結婚し、ナーちゃんと檜山も彼氏付じゃ落ち込むよ。」


                                     つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2362話

 8時10分、
リーナ 「ちょっとシャワーに行ってくる。」彼女が脱衣室に行くとーーーー彼は台所
に向かった。----冷蔵庫から卵2個を取り出し、小さい鍋に入れ、その上に水道の
水を卵が8割ぐらい隠れるぐらい入れ、ガスレンジの強火の火に掛けた。~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~しばらくして、お湯が沸騰すると。。。。
火を中火に弱め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~1分後、蓋をしてさらに火を弱火に弱め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~3分後、火を止める。蓋をしたまま10分間そのままにして置く。現時間8時20分。
彼は大きいお皿2枚を用意し、冷蔵庫からクロワッサン4個、チーズ2個、ハム2枚、苺2個
、バナナ2本を出し、半分ずつお皿に置いた。現時間8時25分、リーナが脱衣室から出て
ーーーー寝室の自分専用の鏡台のドライアーで、髪の毛を乾かし始めた。
D君はティーカップにお湯を注ぎ温め、ティーポットに茶葉を入れ、熱湯を注いだ。
現時間8時30分、彼は茹で卵を手で押さえながら、お湯を捨て水道の水で冷やし、その後
茹で卵の殻を剥き、お皿に置いた。ティーカップのお湯を捨て、紅茶を注いだ。
8時35分、
D君 「リーナ、朝食が出来たよ。」
                                     つづく