暖かく無関心なホッとする人(P君)2562話

 10月9日(火)朝6時、D君は起きた。イノッチの結婚が決まり、やっと肩の荷が降り
ホッとしたD君だった。ここ1,2か月はイノッチのことをずっと心配していた。結婚には
タイミングがある。30代のうちに結婚しないと、40代になると男性の場合は難しくなる
、女性は35歳までだろう。これで隆一(プーさん)、聡(ゲンP)、イノッチと結婚が
決ったから、これからは前から気になっていた、出エジプト記の謎、自分の聖書研究に
集中できると思った。読書の秋だ。涼しく頭が一番クリアな季節だ。自分の聖書研究は
創世記には割とご自分達のことを「我々」と言って、その我々は「我々に似せて人を
創ろう。」と言ってアダムを創った。だからアダムを見れば神様の姿がわかる。アダム
は人間の男性だった。一人の人だった。ということは我々(父なる神様、子なる神様、
聖霊なる神様)はそれぞれ一人の人の様であったと思う。だから新約聖書で再臨の時は
天のみ使いも子(イエス様)も知らない、ただ父だけが知っておられる。とイエス様は
言った。ここからわかることは父なる神様ですらイエス様に全てを教えないということ。
父なる神様と子なる神様の関係を考えてみると、父は子がいてはじめて、ご自分の立場がハッキリする。子も父がいて自分の立場がハッキリする。でも別の人格だから相手の思っていることは分からなくて当然。なのに出エジプト記に入ってユダヤ人に十戒が与えられ
最初の十戒石板は砕かれてしまい、そこに書かれていたことが分からなくなってしまった
。しかしそのヒントはある。それは創世記に書かれていたことと矛盾するわけがない。
つまり創世記をよく読めば、最初の十戒石板に書いてあったことがわかる。しかし残念な
ことにユダヤ人達は創世記を無視して(特に我々を無視している。)、出エジプト記を
尊重している。でもそれは二回目の十戒石板だ。それが原因でイエス様は殺された。
そんなことを考えながらD君はベッドから降り、着替えるために脱衣室に向かった。


                                     つづく

暖かく無関心なホッとする人(P君)2561話

 午後11時、
D君 「恋愛は行き当たりばったりなんだ。昔はこんな風にしたら彼女は喜ぶんじゃない   
    かなんて、恋愛マニュアル本を読み漁ったりしてしていたけど、そうじゃないん 
    だよね。まだ片思いの時だけど。ある時からわかったんだ。野球の試合で投手が
    どんなボールを打者に投げてくるかなんて、打者は絶対分かりっこない。彼女が
    どんな事を望んでいるかなんて分からないのと同じなんだ。とにかく投げてきた
    ボールを振らなければ何も起こらない。それを打者がこのボールが来たら、こう
    打てばいい。なんてチャンチャラ可笑しい。だってそうだろ、そんなボールが
    来るかなんて誰にもわからないんだよ。もし望んだコースにボールが来たとして
    も、それが変化球でバットに当たったと思ったら、バットをすり抜けて空振り
    かも知れない。プロ野球でも3割打つ打者は好打者と言われている。だから彼女
    にアタックして3割OKを貰える人はモテる人なんじゃないかな。モテる人でも
    7割はフラれることになる。空振りしても気にしないで、バットを振り続ける人
    だけがモテる人になるんじゃないかな。とにかく何も計画しないで、行き当たり
    ばったりに彼女にアタックし続けるんだ。1打席に3回バットを振るチャンスが
    ある。ストライクゾーンに来るボールは3球あるんだ。とにかく好球必打だ。
    バーベキュー大会の時プーさんとアリスちゃん、ゲンPと檜山の2組のカップル
    を見て、サッシーの結婚したい願望はマックスになった。つまり絶好球ど真ん中
    の直球が来た、このタイミングを見逃してはいけない。だからあの時イノッチに
    メールをしたんだ。それでイノッチがバットを振ったらホームランだったんだ。
    わかったかな。ものにはタイミングがあるんだ。それがわかる人が恋愛偏差値が
    高い人なんじゃないかな。」
リーナ 「なるほどねー。」
                                    つづく
                                    



暖かく無関心なホッとする人(P君)2560話

 その夜、二人はイノッチ達の事で興奮してなかなか眠れなかった。
ベッドの上で寝ながら二人は話した。
D君 「実はイノッチが今プロポーズするようにメールで誘導したんだ。」
リーナ 「そんなことが陰であったの?」
D君 「そうでもしないとイノッチの性格からして、何も起こらないと思うんだ。
    彼は剛君がまいやんが好きだと分かると、自分の気持ちを押さえて
    剛君にまいやんを譲ってしまった。恋愛はある程度自己中でないとね。  
    あのシチュエーション以上のプロポーズのタイミングはないね。」
リーナ 「なんかディーンって、恋愛ドラマのプロデューサーみたい。」
D君 「自慢じゃないけど、男女のその時の恋愛心理を読むことができると思う。
    その時、彼彼女がどんなことを考えているかをね。これが恋愛偏差値の
    高い人の特徴なんだ。これが高ければ、気になる人がいたら、ちょっとした
    ジャブを出して脈がなければ、そこで踏みとどまって、それ以上、彼彼女に
    近づかないから、いい距離感をもって今までどうりの友達として付き合える。」
リーナ 「そう、今の人は割と学力の偏差値は気にするけど、恋愛偏差値が低い人が多い
     と思う。それで相手のことをよく知りもしないのに、いきなりプロポーズ
     してきたり。それじゃ女性としては断るのが当然と思う。」
D君 「そうなんだ。だから学生時代に勉強ばかりした人は高学歴かもしれないが、
    彼または彼女とどう付き合い始めればいいかよくわからないんだ。」
リーナ 「はじめはジャブなんだ。」
                                    つづく