暖かく無関心なホッとする人(P君)2006話

 12/27(水)朝7時、リーナを起こす時間だ。D君は思った。リーナは病み上がりだ、
何時ものように強引に起こしていいものだろうか?と思っていると、リーナが自分で
起きて来た。
リーナ 「おはよう。」
D君 「えっ、一人で起きられたの?」
リーナ 「昨日すき焼きを食べたからパワー全開。それに夜11時間も寝れば自然に
    起きちゃうよ。」
D君 「まあ、それもそうだね。」
リーナ 「今朝の朝食は私が作るから、ここのところずっとディーンが食事を作って
     くれたからね。」
D君 「わるいね。夕飯のメニューを決めるのは僕の番だけど言っちゃっていい?」
リーナ 「いいよ。何。」
D君 「カツ丼。」
リーナ 「OK。」
                                  つづく