暖かく無関心なホッとする人(P君)2445話

午後5時20分、D君のインプレッサはリーナの会社に着いた。🚙彼は車内から電話した。
リーナ📱 「、、、、、、、、ディーン。」
D君📱 「そう、今着いたよ。」
リーナ 「わかった。すぐ行く。」、、、、、、、、、、彼女は会社ビルから出ると、
、、、、、、、、、、、、、D君のインプレッサに乗り込んだ。車内は冷房がきいていて
25度ぐらいだった。
リーナ 「涼しい。」
D君 「じゃあスーパーに行こうか。」


                  🚙====
                                    つづく