暖かく無関心なホッとする人(P君)1882話

 午後6時5分、リーナは冷蔵庫から豚肉、玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、ブロッコリーマルちゃん焼きそば、を出した。野菜類だけ洗って一口大に切った。/////////////////////
 午後6時10分、ご飯が炊きあがったのでD君はホットプレートのスウィッチを
ONにし、サラダ油を引いた。それから豚肉、玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、
ブロッコリーを出した。D君はホットプレートのスウィッチをONにし、サラダ油
を引き////////////////////熱くなったので、豚肉、玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、ブロッコリー
を焼き始めた。//////////////////////////////////////////
D君 「ここからは任せといて。慣れてるからね。外でやるバーベキューみたいで
   面白いからね。」//////////////リーナは、ご飯をつけたり豆腐の味噌汁を作っていた。
 午後6時15分、
D君 「豚肉に火が通ったみたいだから、食事の感謝の祈りをして食べ始めよう。
   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////アーメン。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
D君 「懐かしいな、バーベキューなんて。夏の青年会の花火大会以来だね。
   そう言えば今度の青年会は何をするのかな?」。。。。。。
リカ 「多分、そろそろリーダー達の結婚式の予定日が決定するころだから、
    その事を発表すると思う。それと、今度のクリスマスに演奏する曲の
    練習だと思う。」。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
D君 「そうだね。そろそろリーダー達の予定が決まるころだよね。それと
   クリスマスに青年会で演奏する曲は何かな?」。。。。。。。。。。
リカ 「「もろびとこぞりて」と「荒野の果てに」と「きよしこの夜」は定番で
    毎年やっているから今年もあると思う。」。。。。。。。。。
                                つづく