暖かく無関心なホッとする人(P君)1873話

 午後6時40分、
D君 「ブレーキのことで思い出したんだけど、ブレンボというブレーキメーカーが
   世界的に有名で、ここ40年間トップを走り続けているんだ。F1の世界や
   スーパーカーではこのブレーキを履くのが常識になっているんだ。テストで
ブレンボのブレーキを付けた車が時速100kmで走る実験で、フルブレーキを掛けたら
2.2秒で止まったそうだよ。それとポルシェ911は360馬力なんだけど、その約4倍
1500馬力のエネルギーにブレーキを掛けるよう、ブレンボ社に依頼しているそうだ。
だからヨーロッパの車会社は、車の部品の中でブレーキが最重要だってことを
人に言われなくてもよくわかっているよ。その点、日本車の安全性は今一だね。
ごめん夢中になってしゃべっちゃって。」。。。。。。。。。。。。。。。。
リカ 「えー、そうなんだ。ドイツ車を選ぶ人は安全の事も考えているだ。」
D君 「だから小さいVWのゴルフだってブレーキはブレンボなんで、よく止まるん
   だって。ちなみに僕の乗っている青いインプレッサWRCstiは、日本車にしては
   めずらしく初めからブレンボのブレーキが付いているから、ブレーキの
効きは半端ないよ。高くてもブレーキにお金を掛けることに僕は賛成だね。
人間もブレーキ性能で一流か二流が決まると思うんだ。一流の人はどんなことが
あっても自分の50%のエリア内に踏みとどまる。でも二流の人は自分の予想外
のことが起きると、自分の50%のエリア内に踏みとどまれなく、他人の50%の
エリアを侵略してしまう。車で言えばブレーキがよく効かないでズルズル行って
人を撥ねちゃう交通事故だよ。ブレーキ性能がよかったら人を撥ねる前に
止まれたんだ。自分の50%のエリアに踏みとどまれない人は、心理的に、その人
に危害を与えていると思うよ。」
                                つづく