暖かく無関心なホッとする人(P君)1859話

 午後5時25分、D君がリーナより早くアパートに帰宅した。🚙////////////////////////
階段を上り///////////////////////2階の一番まで歩いて行き//////////////////////////////204号の
ドアのロックを解除して、部屋の中に入り電気をつけた。それから台所の炊飯器
に米と水をセットしONにした。
 午後5時40分、
リーナ 「ただいま。」
D君 「おかえり。ご飯は6時10分ごろ炊きあがるから。」
リーナ 「サンキュー、スーパーでついでにクロワッサンとバナナ、キウイも
     買って来た。」リーナはさっき買って来た冷凍食品を電子レンジに
入れたがONにしなかった。昨日買った豆腐で、味噌汁を作ろうと思い、鍋に水
を入れ沸かした~~~~~~~~~~~~~~~お湯が沸いたのでサイコロ状に
切った豆腐とダシと味噌を入れた。
 午後6時5分、リーナは冷凍食品の餃子とエビチリをレンジで温めた。////////////
 午後6時10分、ご飯が炊けた。
リーナ 「ディーン、ご飯だよ。」
                                つづく