暖かく無関心なホッとする人(P君)1851話

 午後5時20分、リーナは会社から帰宅途中にスーパーに立ち寄った。
リカ 「今晩は湯豆腐と唐揚げだから、豆腐とかつお節と、えーと鶏肉は
    家にあるからいいし、あっそうだ。卵があと少しだから買わないと。」
彼女は豆腐、かつお節、卵1パックを買って//////////////////////////レジで会計して
//////////店を出て//////////////////////車に乗り込みエンジンを掛け、アパートに向かった。
 午後5時30分、D君はリーナより一足早くアパートに帰宅した。部屋に入り
電気をつけ、台所の炊飯器に米と水をセットしONにした。///////////////////////////////
 午後5時40分、
リカ 「ただいま。」
D君 「おかえり、ご飯は6時10分ごろ炊きあがるから。」
リカ 「サンキュー。」
                                つづく