暖かく無関心なホッとする人(P君)1701話

 午後5時55分、
リカママ 「里香!美香!夕飯の準備の手伝いをして。」
リカ、ミカ 「はーい。」
リカママ 「里香はお皿にカレーとご飯をつけて🍛ミカはお皿にポテトサラダをつけて
      コップに水も汲んで。」/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
リカママ 「お父さん、夕飯の用意が出来ましたよ。」
居間から隣の部屋の食卓にリカパパが入って来た。
リカパパ「うーん、いい香りだね。これを嗅ぐと一週間の疲れが吹っ飛ぶよ。
     それじゃ、食事の感謝の祈りをします。/////////////////////////////////////////////
                 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
                 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////アーメン。」


                                つづく