暖かく無関心なホッとする人(P君)1477話

 7時40分、D君は手ぶらで財布とスマホだけ持って、アパートの階段を降りた。歩いて
駅前のレンタカー屋に向かった。///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 7時45分、彼はレンタカー屋に着き、そこで契約してアパートに向かった。
 7時50分、アパートに1BOXカーで着いたD君は、急いで階段を上り一番奥の204号
から黒いスーツケースを引きずり、ゆっくり階段を降りた。////////////////////////////////////
それを車に積み込み、運転席に乗り込みエンジンを掛けた、腕時計を見ると8時だった。
「よし、ここまで時間どおりだ。」彼はリカちゃんの家に向かった。
               🚛====
                                    つづく